クラス開講について

■面談
・「クラス開講に関するお問い合わせ」からご送付頂いた情報をもとに、Flatto事務局にて精査の上、メールにて数回程度やり取りをさせていただきます。
・その後、選考を経て面談の場を設定し、面談後にクラス開講の流れとなります。
・講座内容や教室の空き状況によっては開講をお受けできない場合がございます。ご了承ください。


■利用時間
10:00-11:30 13:00-14:30 14:30-16:00 16:00-17:30
※上記90分間中にレッスン準備片付の時間を含むものとし、次のレッスンの方へスタジオの明け渡しがスムーズにできるよう、利用時間終了5分前には完全撤収いただくようご協力をお願いいたします。


■レンタル可能なスペース
・スタジオ1(34.9㎡)
・スタジオ2(35.9㎡)
スタジオの各部屋は簡易間仕切りで隔てておりますため、隣の教室の音が漏れることがございます。
・ラウンジ/キッチン(64.8㎡)


■スタジオ設備
※同時間帯実施のレッスンによっては使用できない備品もございます。予めご了承下さい。
 ※倉庫にて教材等お預かりも可能ですがスペースに限りがございますので事前にご相談をお願いします。
 ※小物は袋等ではなく、自立するケース・箱へまとめ、見える箇所へ記名をお願いいたします。


■利用料金
スタジオ 月額 25,000円(税別)/1枠1.5時間
キッチン 月額 ご相談ください

・曜日・時間枠の契約となり、月の利用回数は問いません
・1年契約となります


■開講までのスケジュール(日数は目安となります)
<開講90〜30日前>
1)お問い合わせ~面談
2)体験クラス実施日程の決定
3)体験クラス実施契約〜告知
4)本契約・定期クラス開講日程の決定
4)口座情報申請
5)Flatto HP掲載情報の入稿
6)チラシ作成~Flattoへ提出(校正)
7)チラシ印刷・掲示のお手配
8)定期クラス告知開始


■集客(宣伝活動)について
・Flattoへチラシの掲示・設置が可能です。(チラシサイズはA4縦指定となります)
・Flatto公式ホームページ、公式SNS(地域SNSアプリPIAZZA)へ掲載、投稿いたします。(メディアへの掲載は事務局側にて対応いたします)
・生徒の集客活動については講師の方のご責任の元、すすめていただきます。生徒集客結果についてFlattoは一切の責任を負いかねますので了承ください。


■注意事項
【クラス開講・実施について】
・必要に応じて講座内容についての照会や、主催者の資料等の提出をお願いすることがあります。内容や教室の空き状況によっては開講をお受けできない場合がございます。ご了承ください。
・レンタル時間1.5hにレッスン準備片付けの時間を含むものとし、次のクラスの方へスタジオの明け渡しがスムーズにできるよう、利用時間終了5分前には完全撤収いただくようご協力をお願いいたします。
・休講の場合は必ずキャンセルフォームへのご入力をお願いいたします。
【スタジオについて】
・更衣室はございますが、待合室はご用意しておりません。予約の方がいらっしゃらない場合はラウンジをご利用いただけます。
・先生や受講者のお荷物に関する紛失・盗難につきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。
・お荷物のお預かりはいたしておりませんのでご了承ください。
・ご利用中に建物、付帯設備・備品等の破損・紛失をされた場合は、実費を申し受けます。
・施設全館及び周辺区域は全て禁煙となっております。
・途中退室された場合でもご予約時間分の料金を申し受けますのでご了承ください。
・飲食の持込は可能です。
・生徒さんへゴミの持ち帰りを徹底いただくようご指導お願いいたします。
・レッスンで出たゴミはこちらで引き取り可能です。袋をご持参の上、まとめておくようお願い致します。
・レンタル時間より早く入室することはできません。


【事務局について】
・Flattoのスタッフ対応時間は10:00~17:00となっております。(2019.4現在)営業時間外・臨時休業日にご連絡をいただいた場合は、 原則的に翌営業日以降のご連絡となりますので、予めご了承ください。
・休業日等スタッフ不在の際のご連絡は緊急連絡先へお願いいたします。


■ご利用の制限
以下の項目に該当する場合、開講決定後および開講途中であってもご利用をお断りすることがございますので、予めご了承ください。また、このために生じた損害の賠償はいたしません。
・利用申込内容、催事企画書、会社案内などの提出物に偽りがあった場合、また記載内容と異なる目的で利用した場合。
・禁止および注意事項、また当方の注意に従わない場合。
・関係諸官庁から中止命令が出された場合。
・施設運営上、支障があると認められた場合。
・大規模地震対策措置法により、警戒宣言が発令された場合。
・災害等で交通網が不安定となり、参加者及び施設スタッフの安全が確保できない場合。
・その他会合として不適切な場合。
・下記「禁止行為」に該当する場合。


■禁止行為
・法令または公序良俗に反する行為
・発火または引火性の物品など危険物を持ち込むこと。
・施設来場者、来街者、他の利用者に迷惑を及ぼす恐れがある言動・行為。
・備付品等の移動。
・盲導犬、介助犬、聴導犬以外の生体を持ち込むこと。
・その他法令で禁じられている行為。